ジャパンリアルエステイト投資法人

文字サイズ
標準
大きく

印刷する

JREまるみえボタン

閉じる

  1. ホーム
  2. JREの強み
  3. 環境・社会への取り組み

環境・社会への取り組み

JREは、環境への配慮・社会貢献・ガバナンスの強化といった、社会の持続可能性(サステナビリティ)向上に取り組んでいくことが、上場投資法人として期待されている社会的責務であり、投資主価値の最大化を図る上でも不可欠であると考えています。
こうした考え方を実践するため、JREの資産運用会社であるジャパンリアルエステイトアセットマネジメント株式会社では、「サステナビリティ方針」を策定し、環境負荷軽減につながる保有ビルの設備改修やグリーンビル認証の取得、地域社会への貢献活動等、様々な取り組みを行っています。

サステナビリティ方針

1.低炭素社会形成への寄与

省エネルギーに寄与する運用改善や設備の導入など、エネルギーの効率的な利用を積極的に実践し、低炭素社会の形成に寄与します。

2.循環型社会形成への寄与

水資源の効率的な利用、ならびにリデュース(廃棄物等の発生抑制)、リユース(再使用)、リサイクル(再生利用)に努め、循環型社会の形成に寄与します。

3.自然調和型社会形成への寄与

生物多様性に配慮した植栽管理を通じて、環境との共生に努め、自然調和型社会の形成に寄与します。

4.安全と安心の向上

防災・災害対策として、公民連携による 防災訓練の実施やBCP(事業継続計画)への取組を推進していきます。

5.役職員への取り組み

社員の環境意識の向上や能力開発を図るための教育、啓発活動を実施するとともに、多様な人財の活躍やライフスタイルに応じた柔軟な働き方を支援します。

6.社外のステークホルダーとの協働 

プロパティ・マネジメント会社等のサプライヤーと協働し、テナントの満足度向上に努めるとともに、地域社会との共生を図っていきます。

7.情報開示と環境認証の取得

投資家を始めとする様々なステークホルダーに対し、ESG(Environment:環境 Society:社会 Governance:ガバナンス)に関する情報の開示に努めます。
また、グリーンビルディング認証等の環境認証・評価を継続的に取得していきます。

上記の通り、当社はサステナビリティ推進体制を整備するとともに、ESGに関する法令・規則を順守し、サステナビリティに関する取組を実践することにより、不動産運用業務を通じて持続可能な社会の実現に貢献します 。 

GRESB最高位「Green Star」を取得

■GRESBとは

  

GRESB(グローバル不動産サステナビリティ・ベンチマーク)は欧州の年金基金グループを中心に2009年に創設されました。不動産セクターの環境・社会・ガバナンス(ESG)への配慮を測る年次のベンチマーク評価で、欧米・アジアの主要機関投資家が投資先を選定する際などに活用されています。 GRESB調査は個々の不動産を対象としたものではなく、不動産会社やREITごとの環境配慮・サステナビリティへの取り組みを評価することが特徴です。

GRESBの詳細についてはこちら(CSRデザイン環境投資顧問株式会社)をご覧ください
GRESBのホームページ(英文)はこちらをご覧ください

gresb_real-estate

■「Green Star」を取得

JREは、GRESBの2016年調査において高い評価を受け、最高位である「Green Star」を取得しました。

DBJ Green Building認証の取得

DBJ Green Building認証とは、単純な経済性だけではなく、「環境・社会への配慮」を併せ持つ不動産(Green Building)の普及のため、建物の環境性能のみならず、テナントの快適性・地域コミュニティへの関わり・リスクマネジメント等の観点から評価を行う日本政策投資銀行(DBJ)独自の認証制度です。
JREでは、J-REITで保有物件で初めて最高評価ランク「five stars」を取得した晴海フロント等、複数の物件で高い評価を取得しております。

DBJ Green Building認証の詳細についてはこちらをご覧ください

■DBJ Green Building認証のスコアリング

DBJ Green Building認証のスコアリング

■DBJ Green Building認証取得物件

国内トップクラスの卓越した「環境・社会への配慮」がなされたビル

極めて優れた「環境・社会への配慮」がなされたビル

このページの先頭へ